映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』レビュー(後半)(ネタバレあり) 女だって必要な時はグーで殴るよ

ヒャッハー

…って別に言ってないですよね。劇中。言ってましたっけ。

このページはネタバレ…というか具体的な映画の内容を書いているので、まだ見てないかたには、そういったことが書かれてない前半をお薦めします。

北斗の拳を出してくる人けっこういますが、個人的には、それほど意識しなかったというか、鑑賞中、話の流れと関係なく、ゆあっしゃー!の曲が頭の中を何回か流れたぐらいです。←

なお余談ですが、北斗の拳を貸してくれたクラスメートと、のちに結婚しました。

秀逸なレビューが山ほどあるこの映画。

なんかちょっと変わったことを書きたいと思いつつ、思いが強すぎーてまとまらなーい。思い付いたところから書いちゃえ。

バイオレンスは重要な要素ではなかった

あんまり予習して観に行かなかった割に、それでもやっぱり静止画やら、Twitterで流れてくる感想やらで、予断は持っていたのですが、その想像以上に、バイオレンスは重要な要素じゃなかったです。いや、ふんだんにあったんだけど、悪い引っ掛かりになることはなかった。私の場合。

グーパンチのところはそう長くなかったし、カーチェイス部分も、私はどちらかというと、それぞれの車くるまに備わったギミックの方が面白かったりしたので、暴力性が気になるということはない。しょうじき、気になったところでそこを嫌がるようなタイプでもないのですけども。

ただ、やっぱりそれなりに人死には多くて、サイコサスペンスとかホラーなら全然思わないけど、愛着の持てるキャラクターも多かったので、ちょっと悲しい気持にはなりました。

逆にいうと、格闘シーンによる爽快感もそういえば別になかったような気もする。ファイトクラブとか、007カジノロワイヤルの鉄骨上のシーンとか、アイアンマンのブラックウィドウのシーンであるような。

経産婦的には工エエェェ(´д`)ェェエエシーンも

経産婦的には、とか言っちゃうと、全国の経産婦の皆さまから怒られちゃうかもしれないけども。

母乳のシーンとか、あと、年端のいかない男の子を、髪の毛集めさせたり、太鼓叩かせたりするシーンは、お話の展開上、しょうがないとは思っていても、ヤダナーという感じでした。

配慮のあるコンテンツの流れに我が国は乗っていけるのだろうかと

この映画を快適なものにしていた一番の理由はやっぱりここだろうと思います。

女だってグーで戦う

昔々は、ハリウッドでも戦う女と言ったら見るからに超マッチョ。ジーナ・ディヴィス(180cm !!?)とか、シガニー・ウィーバー(エイリアン)(182cm !!!?)のイメージだったんですけど、いまやゴリマッチョ系でなくても戦う時代になってきたように思います。…でも、本作のフュリオサ大隊長ことシャーリーズ・セロンも177cmだからデカイこたぁデカイか。※

ともかく。

よっぽどの傑物、でなくても女だって戦うんだよ、という時代になってきたことは個人的にはとっても嬉しいです。

ちなみに、格闘技経験と、競技外で成人男性と度々やり合わなければならなかった経験がある立場としては、やっぱり肉弾戦で女性が男性に勝つことはムズカシイです。…と言って欲しい人もいるかもしれませんが、性差というより、体格差が要因となっているように実感を持っています。相互にものすごく訓練された人だったら、体格だけでなく筋力差みたいなものも影響してくるかもしれませんが、軽微な問題のように思います。数年程度格闘技やっただけ同士なら、1)体格(ウェイトとリーチ)、2)技量(と度胸)、3)でやっと筋力差だと思います(刃物持ったりすると違うかもだけど)。だから、男は強い、男は強いって言われると、イヤイヤ、と。…そりゃ、平均身長・体重は男性のほうが上かもしれないけど、肉弾戦が強いの強くないのが意味のある場面って、机上じゃなくて現実でしょ?現実は、平均がどうかじゃなくて、当事者がどうか、だから…。ねえ?

話もとに戻して、マックス役トム・ハーディーは175cmなので、中の人の身長はマックスよりフュリオサが高い。ウエイトはマックスの方がずっとありそうですけどね。近い次元で戦うストーリーでも、リアリティを損ねることがない。

白雪姫やシンデレラの時代は、ひたすら王子様を待ってみたりしたようですけれども、ラプンツェルは闖入者をフライパンで殴り倒しました。時は流れる。

※ちなみに、Wivesの身長は、180cm(銀髪のタグ)、178cm(フラジャイル)、175cm(妊娠してたスプレンディド)、170cm(赤毛のケイパブル)、158cm(アフリカ系なトースト)なので、やっぱりフュリオサは特別デカイことを理由に選ばれているわけではない。

Wivesも「女々しく」ない

イモータン・ジョーに閉じ込められていた「子産み女たち」が、「女々しく」ないのも良かったです。ちょっと前なら、マッチョな殿方に助けてもらいつつ、やってもアシスト、それ以外はメソメソ泣いたり、わなわなと震えながら隠れる、というのが相場だったように思いますが。

テキパキと分担して、能動的に戦っていたのが良かったです。だよね。そうだよね。そうであってほしい。

風はどっちに向かって吹いている?

はてなでは、日本のアニメ・ゲーム作品は、その辺のキャッチアップができてるのできてないのの議論が紛糾していたように記憶しています。道義的なことは抜きにして、売れる売れないで考えても、どっちに向かって作るほうが成功しそうだと思いますか?と私は思いますですよ。

女だからといってメソメソもたもたしているのがアピールになる、みたいな態度は、いい加減お寒い。

悲しく現代のものであったこと

独裁に熱狂するウォーボーイズの姿が、なんだか政治にきな臭い話の多い、最近のあるいは戦時中の我が国を連想させてくれて、とってもヤな気持ちでしたよね…。

●シルバー銀河 大 140ml
cotta
売り上げランキング: 4,385

一部では、食用銀スプレーなるものを使って、ヒャッハーごっこをするのかも。

なんせフュリオサ隊長がカッコイイ

個人的に好きなシーンは、

  • マックスがウォータンクに追いつき回り込んでみたらWivesが水浴びしててWao!びっくり
  • フュリオサが、迫ってくる人食い男爵?の乗った車の照明を一発で撃ち落とすところ
  • 鉄馬の女たちは合流後、実にイキイキと、なんならニヤニヤしていること
  • 楽団車輛が割かし最後まで残っていたところ

フュリオサの一撃シーン、

↑ この動画には出てないなー

これ見ると、そうか、フュリオサって、シャーリーズセロンだよな、と思います。

鉄馬の女たちのおばあちゃんは、似てはないけどラピュタの女頭領(ドーラ)を連想しました。

マッドマックスの面白感想文たち

いつまでも世界観に浸っていたいけど、そうもいかない。

多様性によって成り立ち、多様な人に多様な感想をもたらしたのが、この映画の強さだと思います。

メイキング・オブ・マッドマックス 怒りのデス・ロ-ド
Abbie Bernstein
玄光社
売り上げランキング: 28

あろうことかパンフレット買うのを失念していた。

しばらくはこのFuryを燃料に、筋トレに励む♥

 


DVD発売10/21に決定~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ スチールブック仕様(数量限定生産/1枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-10-21)
売り上げランキング: 55

↑ スチールブック(ガワがプラスチックじゃない)仕様

【Amazon.co.jp限定】マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ インタ ーセプター付BOX(1枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-10-21)
売り上げランキング: 51

↑ インターセプター(マックスの車)がついてくる

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-10-21)
売り上げランキング: 7
マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-10-21)
売り上げランキング: 7

↑ 私は手堅く(?)コレにすると思う


 

したらばこれにて御免。黒虎でした。

にほんブログ村のランキングに参加してます。競合ブログはどんなかな?チェックしてみてください~。そのクリックで当ブログのランクが向上します。ぜひ応援を♥

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ

広告

4件のコメント

コメントくれると喜びます!レスは不保証 (´・ω・`)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中