ギリシャの報道みてると海外に銀行口座開きたくなりませんかどうですか。やり方調べてみたけれど。

ブログの見た目が、ほぼ納得のいく感じになってきたのでノリノリです。黒虎です。だけど今回はどんよりする話。

 

まじめに生きてもたぶん馬鹿を見る

…子どもができることによる変化は数々あれど、個人的に大きいのは30年・50年先のこともリアルに感じられるようになること。

気張って働いて、どうにか定年まで勤めればイイ、ってもんじゃない。自分たち世代は、年金の安全性だって気になるし。さらに子どもの世代となると、50年後だってたぶん生きているわけで。

こんな時代に産んでゴメンなんて絶対いいたくない。いわないで済むようにしたい。…なので色々考えるワケですが。

Pen (ペン) 2013年 1/1・15合併号 [雑誌]
CCCメディアハウス (2014-02-05)
売り上げランキング: 18,501

さいきん、ギリシャの現況に関する報道やらコラムを見てると、海外の金融機関に口座開設したくなりませんかどうですか。

4年前と何も変わらないギリシア。世の中はかぎりなく残酷だ[橘玲の世界投資見聞録]|橘玲の世界投資見聞録 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン

 

ここが怖いよギリシャ報道

 >> ギリシャ国民投票 チプラス首相が勝利宣言 NHKニュース 

まず7/6本日今朝の報道だとこんな感じ。

掘り下げていくと… ←たいして掘ってない

 

本当に怖い国の破たん

 >> ギリシャの銀行が預金の30%の強制没収を画策中 連鎖倒産を防ぐため – Market Hack 

没収ですよ没収。

預金の没収。

銀行残高が109万円以上ある預金者に対し、それを超える部分について貯金の30%を強制的に押収することを検討

まだ検討段階だけど。

この記事によると、ギリシャは若い失業者が多く、もともと財産なんかもってやしない(あれどっかで聞いた話とおんなじ…)ので、国民投票で「トロイカ案にNO」(財政緊縮に反対・財産没収やむなし)を突きつける人も出るのでは、という分析もしてましたが。

ホントにNOにしちゃったよ!(チプラスさんの勝利)

なので、没収の線も引き続き「あり得る」ということに…

預金没収には前例がある

預金没収だなんてそんな横暴、あるわけないと思いたいけれど…

 

2013年 キプロス

 >> キプロスの「銀行預金課税」問題は他人事ではない | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト

(1)国内第2位のライキ銀行を破綻させ、その預金を当面凍結する(2)第1位のキプロス銀行の10万ユーロを超える高額預金者の預金の60%を取り上げ、

1944年 日本

 >> NHKも特集した「預金封鎖」 お金引き出せなくなる悪夢は襲ってくるのか : J-CASTニュース 

国民がもつ10万円超の預貯金のほか、家屋や田畑、株式など幅広い資産に最高90%を課税した。それが財産税だ。敗戦による国の借金を国民に負わせようとしたわけだ。

他でもないわが国で、70年前に起きたわけで。

70年前にあったことが、50年後に絶対起きないと言えるわけないですよね。

余談:「戦争すると、貧富の差が縮まるのでやるべき」みたいなこという、インターネッツの住民を見かけることがあるんだけど、そりゃ差は縮まるかもしれないけど、それって国が全体的に弱ることだし、お給料払う人のお金が少なくなったらお給料も少なくなると思うのだけど、何考えてんだか私にはサッパリわからないです。

 

分散はリスクヘッジの基本!! では海外に預金すれば解決策になる??

 

どうなんでしょうか?

はたしてどうなんでしょうか?

非居住者が銀行口座を作るのはどこの国でも難しいっぽい

あれこれググってみても、日本に居ながらにして、海外の金融機関にお金を預ける ← 口座を開設する …のは難しそうでした。ハードルが高い。

 >> 外貨預金ナビ‐損失を最小化する”安定”運用法「FXとの比較も」 

このサイトを見ていると、できるかもと思えてくるけど、いくつかリンク先(海外の銀行のサイト)を読みにいってみると、「日本からの申し込みは原則受け付けてない」とか(ちなみに某シテ●銀行に聞いてみたことあるのですが同様の回答だった)。

大きな潮流としては、9.11以降のテロ対策だそうなので、ここ最近ますます状況は流動的なんだろうと思います。

シティ銀行と並んで、HSBCはよく名前を見るのだけれども、そちらも…。

 >> シンガポールHSBC口座開設最新情報〈2015年3月〉|資産運用アドバイザー中山泉の賢者の投資法 

2,000万円以上持ってないとダメだったり、ハードルは高いです。

イザというときのための あなたの資産を守る海外投資法 (角川フォレスタ)
KADOKAWA / 角川学芸出版 (2013-10-17)
売り上げランキング: 76,895
今でも課税があるこたぁあるし、マイナンバー制が入ったらお金の動きは把握されちゃうのではと思うし

今でもね、海外の預金口座に所得税等々の税金かかるらしいんですわ。

海外で運用益を得た場合も原則、税金を払う必要があります。

 >> 海外預金や送金、申告してますか 税務署の目が光る :日本経済新聞 

租税条約の関係上、キャピタルゲイン(運用益とか)には、居住国が課税する権利があるそうなので(ソース後述)、これが根拠になっていると思われます。

ということは、キャピタルゲインではなくて(てか金利付いてくので資産は過去の運用益と一体になってくわけだし)、海外預金そのものにも課税する立法も難しいことではなさそうに思えるのですが、教えて詳しい人(´・ω・`)

つまり、お金だけ海外に移しても、有事の際には逃げきれないかもしれない、という懸念も個人的には持っています。

「そこで海外移住ですよ!」もすでに封じられつつあり

じゃあ、身柄もあわせて動かせば助かるというと、すでに布石が打たれ始めていて…。

 >> 富裕層の「出国税」きょう導入 海外移住に徴税の網 (SankeiBiz) – Yahoo!ニュース 

7/1から金融資産1億円以上を対象に出国税が導入されたとか。ヒィィイイイイイィィ!!! (((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ

まこのぐらいなら、そのつもりで資産形成すりゃいいでしょ、とは思いますけれども(自分には縁遠い話なのでイマイチ現実味が…)。

 

じゃあどうすればよいのかね…

ここまで上げたものは、富裕層向けの話だったりするものもあるので、関係ないといえば関係ないのかもしれません。

だけど、必死こいて共働きしたり、一世一代のるかそるかの大勝負で起業したりして、さあガシガシ働くぞ、と思っても、それが立ちどころに目減りする可能性があるんだとしたら、ヤル気でないですよね。

やるやらないは別としても、こういった傾向は注視し続けるべきだろうと思います。出国税が強化されるとか、気付いた時には退路も断たれてた、ということにならないように…。

なんつったって、国債残高がちょうデカイ国なのでね…。

預金封鎖や国の財政破たんを一笑に付す人はよく見るんだけど、じゃあ国債をどうやって減らしてくか、の話は、特効薬を持ってる人を見たことない。

詳しい方、情報提供をお待ちしておりますm(_ _)m

ダメ出し、ノウハウ、お持ちの方はぜひお願いします!

せっかくのコメント欄、一切使われてないしね(´Д⊂ヽ

全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
朝日新聞出版 (2015-06-12)
売り上げランキング: 44

 

したらばこれにて御免。黒虎でした。

 

にほんブログ村のランキングに参加してます。競合ブログはどんなかな?チェックしてみてください~。そのクリックで当ブログのランクが向上します。ぜひ応援を♥

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ

広告

コメントくれると喜びます!レスは不保証 (´・ω・`)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中