イケハヤ氏の煽り…もとい、ご主張にうなずきたくなる瞬間もあるんだけどそれを数で黙らせていて本当に良いのかという質問

はてななんかでは、イケダハヤト氏バッシングが優勢です。

そりゃ挑戦的なスローガンを挙げてるから、そういうことにもなるのかもな、と思うけれど(正直よくは存じあげない)。

でも私も、あなたの仕事が場所を選ばないなら、日本の田舎に住むというのはそんなに悪い選択じゃないと私は思いますよ?

イケダハヤト氏 >> プロフィール : まだ東京で消耗してるの?

 

東京に一極集中すれば少子高齢化が加速する

…それに、

東京の働き手が、地方で生まれ育った人が少なくない、というのは多くの人が実感してると思うけれど、そのようにマンパワーだけ吸い取って、再生産することもなく消費を謳歌して、誰も地方を顧みないのだとしたら、そりゃあ供給はいずれ断たれる。そのことを、心から美しいと思うのだろうか。

地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減 (中公新書)
増田 寛也
中央公論新社
売り上げランキング: 1,021

美しいとか美しくない、とか、

そういうふんわりワードに逃げ込むと、それこそ張り切って追っ手をかけて「はい論破」とか言いたくなるのかもしれないけれど。

 

あなたにとって本当に得な選択か実地で検証しました?

そしてまた、損得の問題でも、みな張り切って理屈を並べて、個別の論点としては正しくないとも言えないことが多いのかもしれないけど。

誰か、その机上論が本当に実感とあうかどうか、確認してみた?

確認してみた人の話を聞いてみた?

すわ「統計が」っていう人も多いと思うけど、それこそはてなだの、Twitterだのやってる人って、ほとんどが大都市圏の若者…10代後半から30代がほとんどじゃないです?知らんけどもよ。地方在住の、地方の暮らしに本当に満足している人の意見に注意を払ってみました?

それで寄ってたかって、たまに出てくるマイナーな意見を葬って。その結果、損をするかもしれないのは、誰なんです?

 

そりゃあ一長一短ある

田舎の生活コストは案外安くない(キリッ

みたいなのも散々見ましたけども。

それも分野によっては正しい指摘なんだけど、分野によっては、お値段もだし、お値段以上の定性評価面での格差があるかもしれないけど、それは無視してもいいの?その場合に損をするのは、誰なんです?

いずれにせよ大勢は変わらないだろうけれども、私はいろいろを諦めたくないし、楽に手軽に美味しいもの食べて暮らしたいですよ。

※アミューズ、オードブル、魚(三種)、肉(鶏、牛。ちなみにいずれもいわゆるブランド鶏、ブランド牛。地場産。)、パン、コーヒー、デザート、以上で3,000円台。 …もっとも、今回企画モノだったので、さすがにいつもこうとはいかないけれど、常に高い水準で提供してくれる。

 

勇気がないだけとかそんなオチじゃありませんよね?

「センセーショナルな誘い文句で焚き付けて半端な能力の若者をノマドだの海外だのに引っ張るのはよろしくない」…という意見も分からなくもない(メイロマ氏批判にありがちな)。

だから、私は誰にでもおススメできるとは思わないし言わない。

ある程度の能力と、それより市場を見出すセンス、それより踏み出す勇気は必要だと思う。

そんな得意満面、「論破論破」なお賢いかたなのなら、独立起業するなり地方で職を求めるなりしても、そう大失敗しないのでは。能力は、MARCH程度でも出ていようもんなら、「(地域によるけど)インテリじゃあ、都会の匂いを嗅いだ人じゃ」、の下にも置かない扱いだと思うけどな。

鶏口牛後と言いますしお寿司。

たかだか140字とか100字の土俵で、多勢に頼んで勝った負けたと一喜一憂する競技で(競技じゃない 思考停止して、その先にあるものが何なのかを、もっと考えてみても良いのではと思うのです。

 

田舎の人間関係のわずらわしさを挙げる人も多いけどこれも違和感。

なにも、モロ地元に帰れ、とは、言われてなくないスか?

隣町とか、一つ間を空けたりすると、煩わしいひととはワザワザ付き合わなくて済むし、会いたい人には会いに行くか来てもらえばイイし、イイとこ取りできるような。

はてな民は、いじめられっ子が多い印象なので、そりゃあ地元はイヤかもしれないけど。「地元」以外の「田舎」は、東京以外のほとんど全国各地にいくらでもありまっせ。

あと、あらたに住み始めた田舎についても、そりゃ、特に事業をやってたり名前が珍しかったりするとすぐ覚えられちゃうけど。

人間関係は、敢えて首突っ込んで回りさえしなければ、いちいち干渉してくる人もそう多くない(というか私自身は全く経験してない)気がしますが…。みんなそんな暇じゃないし、そんなアナタに熱い関心を持つってわけでもないのでは。

コンビニが一個も無いレベルのところだったら知らんけど、そんな土地(というか町)は、さすがにそう多くないでしょうよ。

 

定量評価では必ず有利とはいいがたいかもケッコン。だけど、三人四人と子をもうけてピカピカ笑う隣人を不幸せと断じれるかい?

 >> 幼なじみ婚の増加から考える日本の社会構造の変化 – ゆとりずむ 

こういう話もありますしですね。

たいして昇給も期待できない中、毎日へっとへとになるまで働いて…

『たぶんこの会社はつぶれないし、自分がFiredされることもない、仮にされても転職する自信あるし、たまの余暇は旅行したり、友達と美味しいもの食べて飲み行って、好きなことできて楽しい。充実してる。』

…そこまで計算したところで、思考停止してないですか。

私はその時期に、自分に「それで?」と言いたくなったので、転機を受け入れることにした部分もあります。三十代前半までは、そんな暮らしを続ける周りが羨ましかったんですが、最近じわじわと平気になってきた。

たぶん自分以外の人も、もう五年もすると、飽きはじめる人も出るんじゃないかと思うんです。四十代、五十代、…食っていけてる、ポストも得た、趣味に支障はない。「…それで?」

田舎暮らしの本 2015年 02月号 [雑誌]

 
ちょっとでも、「ふーん?」思った人は、一度こういうの読んでみても良いと思いますですよ。

>> 田舎暮らしの本│宝島社の雑誌 http://tkj.jp/inaka/
夏季休暇は国内旅行にしてみるとかさ。
 >> 外国人に人気の日本の観光スポット ランキング 2015 | TripAdvisor Gallery 旅のヒントが詰まったキュレーションマガジン  

 >> まだあまり知られていない 日本の美しいスポット 20選 | TripAdvisor Gallery 旅のヒントが詰まったキュレーションマガジン 

 
田舎が万人受けするとは言わないけどもよ。モッタイナイ。

 

したらばこれにて御免。黒虎でした。

広告

コメントくれると喜びます!レスは不保証 (´・ω・`)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中